少年少女の昼と夜 このページをアンテナに追加 RSSフィード

about

2007-03-12

[]純粋に楽しむということ。 純粋に楽しむということ。 - 少年少女の昼と夜 を含むブックマーク はてなブックマーク - 純粋に楽しむということ。 - 少年少女の昼と夜 純粋に楽しむということ。 - 少年少女の昼と夜 のブックマークコメント

本でも映画でも何でもそうですけど、私はレビューは基本的にしません。レビュー的なレビューはしないということですけど。何かを人に薦めるのことは難しいことだと思います。体験に作品だけではなくて薦めた人のパーソナリティーが介在してしまうのは、その作品にとっても受け手にとってもあまり好ましいものではないような気がしませんか。好きな人が読んでいる本や薦めてきた映画には作品のバックに、その人のアウラが纏わりついています。おもしろいと感じることができれば、おお、やっぱり兄貴はスゲェやとか思っておけばいいですけど、大して面白いと思えなくても、あの人が薦めている本だからそんなはずはない、と薦めてくれた人の影に捕らわれてしまうこともあります。逆にムカつく奴が持ち上げている音楽とかは聴く気にならなかったりするかも知れません。

まあそんなこと言ったって、本質的には自分と作品の関係は変わるはずがないし、荒木飛呂彦が好きだといっても Soul'd Out みたいな軟弱さあふるるヒップホップは聴かないし、もちろんこれによってジョジョの価値が下がることもないし、中沢新一オウムに肩入れしていた過去があろうと相変わらず著書のタイトルが魅力的過ぎるのは変わらないはずです。と、話はいつだって脱線するもので、作品はいつだって変わらないんですが、なぜだか誰かの影がちらつく場合というのが往々にしてあるわけで、何かを薦めることが純粋な体験を奪うことに繋がることって案外多いです。というかもう十分に論理的でないのですがさらに滅茶苦茶に書くと、面倒なので感覚でいきますけど、他人に薦められて読んだ小説はその時点で面白さ三割減です。体感で。言葉はいつだって要らないものだし、段ボール単位で蔵書交換とかくらいに人間味を薄めていけばこの修正は加わらないんでいいんですが。

そういう理由でレビューは基本的には書きません。これは発言するたびにファンタスティック笑われるんですけど「読むべき本は読むべきときに目の前にある」とか「本の背表紙を見て直観的に買うのが一番良い」とか。そんな買い方したことはほとんどないですけど。でも面白い本を薦めて、とか言われてもね、直観で買って読むのが最も美しい読書体験だ、と言ってあげるのがいいような気がするんですよ。きっと私は基本的にロマン主義なんだと思います。私はねぇ、吐き気がするほどロマンチックなんですヨ!

LidiaLidia2011/10/12 11:21Gee whiz, and I thoguht this would be hard to find out.

LidiaLidia2011/10/12 11:21Gee whiz, and I thoguht this would be hard to find out.

LidiaLidia2011/10/12 11:21Gee whiz, and I thoguht this would be hard to find out.

トラックバック - http://headynotions.g.hatena.ne.jp/blowout/20070312

2007-03-06

[]書かないものについて。 書かないものについて。 - 少年少女の昼と夜 を含むブックマーク はてなブックマーク - 書かないものについて。 - 少年少女の昼と夜 書かないものについて。 - 少年少女の昼と夜 のブックマークコメント

なぜ人を殺してはいけないのか?について口角に泡を溜めながら熱弁する人たちを斜め目線で馬鹿にしながら気の利いたコメントをしているつもりの小賢しい小市民的インターネッターを鼻で笑いながら独自路線職人的選球眼で選んだオモシロ漫画、私お洒落で恋人もいるけどこんなキッツイ映画も見ちゃうんだ系サイト物理的に殺してはいけないの?を問題にしつつも趣旨としては一緒に夜を走ってみないか!とか。何かに一貫したスタイルが今メジャーなのかもしれませんが(有名 blog はどうもみななにか一貫したテーマを持っているように見受けられます。)私は話題を何か特定することができそうにないので常に適当、滅茶苦茶、自分主義、手よりも口が先に出る、人は殺しても良い、好き勝手やって駄目になったら餓えて死ねば良い、絶対に責任は取らないを信条に、激烈な純情を感じていきたいです。

最近パンツボタンフライ半開で外出してしまっていることが多いです。家に帰ってきてから、ああ!と気付くわけですがどうでしょう。もうアレなんですかね。アレですよ、アレ。みなまで言わせるなよ。

トラックバック - http://headynotions.g.hatena.ne.jp/blowout/20070306

2007-03-01

[]心を燃やしたいので。 心を燃やしたいので。 - 少年少女の昼と夜 を含むブックマーク はてなブックマーク - 心を燃やしたいので。 - 少年少女の昼と夜 心を燃やしたいので。 - 少年少女の昼と夜 のブックマークコメント

ということで一念発起しアカウントをとり、さらにはという感じで今度はグループだ!と撃鉄も起こされました。全くこの子は。どうでもいいですけど格好よくて分かりやすくて覚えやすい id というものを考えていたんですけど思いつかなくて適当に目に入ったものでキメる!というある種の柔軟さ?でもって id:blowoutg:headynotions というなんだか格好よくないっぽくて分かりにくくて覚えにくそうな感じなし崩し的に決定されまして、どうしたものでしょう。こういった方向には昔から直観が向かないようです。それからサイト名は『少年少女の昼と夜』と、なんだかくどいことになっています。日記っぽいタイトルがほしかったのですが、私の中の日記イメージはいったい何なんでしょうか。心が斜視日記とかそういうタイトルのほうがよかったかもしれませんね。一貫したテーマが漠然とほしかったりもしたもので、一応は「魂の燃焼」を根底にします。でもすぐ忘れると思うので信用してはいけません。魂って燃やしても一切灰が出ないし空気汚れないし燃料がなくならないので最高だと思います。

私の自己紹介もしてみたいのですが、書くことないです。強いて言うならばこれから書かれるもの全部自己紹介です、といえるだけの強度がほしいですね。私は、とくに blog では客観的なものを面白いと思えないので自分のことばかり書くことになると思います。自分主義です。自分が大好きなんです。自分が大好きなんてなかなか言えないと思うんですが、しかし自分が好きという人は本当に自分が好きなんでしょうか。ねえ。それに〈私〉というものは常にその時々におけるパフォーマンスであって、一定した核としての〈私〉なんて存在しようがないと私は思っています。〈私〉というのは常に表層であり、場面ごとに演じられる演目です。そこに深い意味での個性や何やらを読み取ることも可能かもしれませんがそれは果たして〈私〉でしょうか。自分が大好きだという私は何をして自分だといっているのでしょうか。このサイトが私の表層の輪郭線をなぞっていくことにはならないでしょうか。そう思っています。

ちなみにこの日記は半裸でかきました。

トラックバック - http://headynotions.g.hatena.ne.jp/blowout/20070301